記事を検索する

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。

5年後、今と同じよう動けるのか?

5年後、今と同じ体力じゃないよね・・

5年後、時代はガラッと変わっているよね・・

ってか、5年後も、必死に「新規集客」しなくちゃいけないの??

 

それって、ある意味ちょっとした地獄!!

いつもいつも新規集客に追われてる日々って、考えただけでもぞっとしますよね。

そんなぞっとする未来になんて、絶対したくないと私は、強く思うのです。

 

生涯現役で仕事する2つの自分の存在

私が思うに。

生涯現役で、楽しく生き生きと仕事するには、2つの自分が存在します。

1つは、「常に第一線で仕事する自分」

もう1つは、「動かなくてもしっかり売上を上げている自分」

 

 

私は今年、55歳になるのですが、この年になってようやく「自分が動かなくても売上が上がる仕組み」の必要を実感できるようになってきました(遅すぎる(笑))

 

 

起業して12年、これまでにも「勝手に売上が上がる仕組み」を作ることを数多くの人に勧められてきたけど。どうも気分が乗らなかった。

 

気分が乗らないからやらないっていうのも、何とも短絡的で幼稚な発想だと我ながら思います。

 

まあ、それも私の思考だったので、否定するつもりはないですが。

 

昨年くらいから「勝手に売上が上がる仕組み」を作ることに俄然、やる気が沸いてくるようになり、「どうすれば、勝手に売上があがるか?」を日々、考え続けています。

 

正確にいうと、「勝手に売上が上がる」ではなくて、「第一線で活躍していなくてもそこそこ売上上がる」が正しいかな。

 

どうすれば、自分がいなくても売上が上がる仕組みを作れるか???

 

自分がいなくても売上が上がる仕組み

 

サロンオーナーのあなたがいなくても売上が上がる仕組み、それは!

 

「商品を売る」

 

これ、テッパンです。もう、すでにご存知だと思いますけどね。

 

「そう簡単に商品なんて売れない」そんな風に思う方も少なくないと思います。

 

でも、あなたが「売れない」と思っている以上、それは絶対に売れません。

商品が売れないサロンオーナーさんは勝手に「売れない」と思い込んでいます。

 

だから、売れないのです。

 

そこで、ちょっと次の2つの問いについて考えてみてほしいのです。

 

問1 「サロンの商品は本当に売れないのか?」

問2 「売れないとしたら、その理由は何??」

 

この問いに真剣に考えてみてください。

 

商品が販売できるようになり、それでサロンの損益分岐くらいはクリアできるようにするには、年単位で時間はかかります。

つまり、この記事を読んだその時から、コツコツと販売できるように工夫と努力をする。

 

その第一歩が、2つの質問を真剣に考える事です。答えが見つかると、必ず売れるアイディが生まれてきますから。

 

★関連記事★

サロン商品が売れるポップの作りの順番

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

音声 サロンのお財布の増やし方

この音声は、毎週水曜にメルマガでお届けしています。 メルマガ限定の情報も満載!ブログや音声でも話さないこと、 特別なサービスのご案内もお届けしています。 ★無料…

続きをよむ

あなたの生年月日から導くペルソナ診断 サロン売上を上げる

どんなビジネスでもうまくいくために必要なことはお客様の絞込み、つまり【ペルソナ設定】です     ペルソナとは、直訳すると「人格」です &n…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う 営業休業のお知らせ

平素は弊社サービスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 この度、新型コロナウイルスによる感染症につきまして、罹患された皆様に 心よりお見舞い申し上げます…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ