記事を検索する

続ける為にやっておきたい事

「売上の安定」ってなんかいい響きですよね。

「売上を安定させたい」とは

オーナーであればだれもが望む事だと思います。

ですが・・・・現実的には、経営には「安定」はないと思うのです。

詳しくはこちらの記事で「安定よりも大切な事」

67a7235228b02b8f360cd4dcf6061647_s

 

でも、もし、売上を安定させる方法があるとしたら~
私は2つの方法があると考えています。

 

そして、これができていれば、
限りない安心感が生まれてくるので
ゆとりをもって経営できるようになります。

 

「ゆとり」って大事ですものね。

 

では、その2つの方法とはどんな事でしょうか?
1つは「既存のお客様を何よりも誰よりも大切にする」
もう1つは「常に未来のお客様」を育てる。

 

きっとあなたも既存のお客様を誰よりも大切にして、
いつも喜んでもらえるように、
サービスを工夫したり、
新しいメニューを導入したりと工夫されていらっしゃると思います。

 

では、もう1つの「常に未来のお客様」を育てる。

 

【未来のお客様】というのは、
「タイミングがあえば、行くよ!!」
という最も、あなたのサロンの新規のお客様に
近い存在の人たちの事です。

 

この【未来のお客様】が育っているかどうかは、
今後の集客に大きく影響してきます。

 

集客に影響するという事は
その後の売上にも影響してきますからね。

 

ここを手抜きしてしまうと、
ジアジワと少しづつサロンの経営は傾いてきて、
気が付いた時は「大ピンチ!」って
ことになりかねません。

 

今、売上が順調だとしても

 

既存のお客様だけで
2か月先まで予約が取れないサロンだったとしても。

 

その状態はいつまで続くかなんて
保証はどこにもありません。

 

だからこそ、「常に未来のお客様」を
育てて続ける事はとにかく大切なんですね。

 

では、どうすれば
「常に未来のお客様」を
育てておく事ができるか?というと!!

 

それは、常に「PR」を怠らない事。

 

よくね「いつまで集客すればいいのでしょうか?」と、
嘆きにも似たご質問をいただく事があります。

 

その気持ち、本当によくわかる!!
「PR」って、習慣になればスムーズにできるようになると思いますが、
その作業やどんな内容でPRするかとか、
文章考えたり、写真とったりと、なかなか大変!

 

でも、この「大変」なことを続けるから
「未来のお客様」を増やせます。

 

PRできるツールは、ざっとリストアップしただけでも。
DSCF2019

 

チラシ、DM、名刺、SNS(FB,インスタ、ツイッター、ブログ他)
HP、看板、フリーペーパー、新聞折込、
イベント出展、更には、ラジオやテレビ・・・と様々です。

 

その中から、自分のお客様の
目に触れそうな媒体に継続してPRし続けてみる。

 

時には、思いがけない嬉しい反響があったり、
全然ダメだったりと結果も様々ですが、
その結果は次に嬉しい成果を上げるための課題満載!

 

よくも悪くも結果に左右されず、
何も特別な事をやらなくても、
コツコツとできる事を誠実に続けていくのが
長く経営を続けるには大切な事ではないでしょうか?

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ