記事を検索する

販売が苦手でも回数券が売れる方法

 

サロンオーナーさんの中には

「口下手で、売れません」
「セールスするのが苦手」

と、商品をおすすめしたり、チケット販売するのに
抵抗を持っている方が、多いです。

 

そんなオーナーさんのお話を伺ってみると。
以前、ご自身が何かしらの営業をうけて
「しつこいな~」「いやだな~」と思う経験をされていて。

 

その経験から「営業すると嫌われる」って
思い込んでしまっているケースと。

 

そういう場面に遭遇して、「あんな風には売りたくないわ」と
人のふり見て我がふり直せと、
ご自身ではトークするのを控えていらっしゃるケース。

 

と、他にもあると思いますが、

 

何かしら「営業は嫌だ!嫌われる」という
体験値から、「セールスするのが苦手」と思われているようです。

 

そして、このクライアントAさんもその1人。

 

「話すのが苦手で、説明するのが本当にできないんです。
販売できなくて・・・」と。

 

Aさんは、とても誠実で、知識・技術レベルも高く、
自信をもってサービスを提供できるスキルがあるにも関わらず。

 

「おすすめできない」
「チケットが売れない」

と、悩んでいらっしゃいました。

 

「お客様から言ってきてくれれば、話せるのですが~」とも。

 

そこで!
そんなAさんに、こんな提案をさせて頂きました。

岡崎「チケットも、お客様に選んでもらえるようにしてはどうでしょう?」
Aさん「選んでもらうって?」
岡崎「チケットの回数に、松竹梅と、ランクづけをしてはどうでしょう?」
Aさん「ランクづけ?」
岡崎「そうそう、パーフェクトを目指すなら松!と、最初に松をおすすめして」
Aさん「うんうん」
岡崎「それで、内容、金額、期間、時間等、お客様が問題なければ、松を購入されますよね?」
Aさん「そうですね」

岡崎「でも、松はちょっと・・・金額もそんなに払えないし~時間も…と言われた時に!」
Aさん「言われたときに?」
岡崎「では、竹コースもありますよ。これは、松に比べると○○が△△ですが、
★★さんであれば、この竹コースからスタートしても大丈夫ですよ~と、
次にお安めのコースをご紹介するんです」
Aさん「なるほど~。でも、それでもNGなら」
岡崎「その時は、梅ですね。まず、始める事が大切ですからね、と。
最終的には、どのコースにされますか?と、お客様に選んでもらうのがいいですよ^^」
Aさん「そうか~、それならできそうです!」

 

その後、Aさんは、松竹梅作戦を実行し★

 

見事、約1.5倍の単価アップに成功し、
今では、回数チケットも、どんどん販売されています^^

 

「この方法は、私の成功パターンです!!
これなら、売れます!」

と、成約率約70%を維持していらっしゃいます。

 

いかがでしょう?

 

松竹梅作戦と、ネーミングはちょっと古いですが(笑)
ぜひ、やってみてください。

 

●適正価格ってどうやって決めるの?それがわかるワークシート付
無料メール講座「30日で学ぶ お客様がファンになる大人気サロンの作り方」

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ