記事を検索する

サロンのポップの〇〇を変えただけで購入率80%

ちょっとした事で、サロン売上はあがります。

 

例えば、店内ポップの位置を変えるだけで、売上上がる事は
よくあります。

 

ポップは内容も大切ですが、実は飾っている位置も大切。
これがお客様の目線に入らない場所にあると、全然目にとめてもらえません。
ポップ書いてるけど、全然、売れない時は、ポップの位置、変えてみるといいですよ。

 

 

以前、ヨモギ茶を販売しているよもぎ蒸しサロンにコンサルティングに入ったときの事。
それまでは、月に1つ売れるかどうかのだったのが、サロンのディスプレイを変え、
ポップの位置を変える事で、ヨモギ茶の購入者は80%もアップ!

それまでは、ヨモギ茶は、他の商品に隠れて、ほとんどお客様の目に触れず、また、ポップもただ、料金が書いてあっただけ。それをこんな風にかわいくして、お着換えするドレッサーの横に配置しました。すると、お客様の方から、「ヨモギ茶ってどうなんですか?」と質問されるようになり、やがて購入につながりました。

 

大切にしておきたいのはお客様の目線を意識する事。

 

お客様目線になる

これが、なかなか難しいのですが、カンタンにお客様目線になれる方法をご紹介しますね。

 

それは、一度、お客様になったつもりで、最寄り駅からサロンまでを歩いてみる、または、車で通ってくるお客様が多い場合は、車に乗ってみる。
そして、お客様と同じようにサロンの扉を開けて、入ってみる。トイレも行ってみる。
実際に、お着換えもする。

 

来店前~お帰りまで、一連の流れを、たどってみましょう!
これをやると、普段見えていない事に気づきます。

 

そうすると、普段気づかないサロン内のディスプレイやポップの位置、メニューを置いてる場所に
違和感感じたり、ここじゃ見えないな、文字小さいななど、小さなことに気づきます。

 

その気づいたところを改善してみましょう!きっと反応が変わります。

 

こんな風に、毎週1回「●曜日は、お客様目線になる日!」と決めて、サロンの中、サロンまでの道のりを
たどってみる。

 

このとき、成果につなぐには、「お客様の笑顔」をイメージするのが秘訣です。

 

このポップ読んだお客様が笑顔になるにはどこがいいかな~とか。
どんな事が書いてあると嬉しいかしら?楽しいかしら?
どこに置いてあると、笑顔になれるかしら?

 

小さなことは、いきなり大きな売上にはいたらないかもしれません。

 

でも、お客様から商品の事聞かれたり、あ、こんなのあったのね~と
言われたり。ちょっとした反響の違い、見逃さないように。

 

小さな成功体験の積み重ねが、必ず大きな売上につながります。

 

★おススメセミナー★

セミナー 口下手でも売れる商品ポップ作りの8つのポイント それまで全然売れなかった商品がポップを変えただけで購入率80%に

 

★レポート 売れるポップができるまでの記事はこちら★

売れ筋商品はこうやって生まれる

★売上アップのもっと詳しいことは、こちらのメルマガでお伝えします★

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

音声 サロンのお財布の増やし方

この音声は、毎週水曜にメルマガでお届けしています。 メルマガ限定の情報も満載!ブログや音声でも話さないこと、 特別なサービスのご案内もお届けしています。 ★無料…

続きをよむ

あなたの生年月日から導くペルソナ診断 サロン売上を上げる

どんなビジネスでもうまくいくために必要なことはお客様の絞込み、つまり【ペルソナ設定】です     ペルソナとは、直訳すると「人格」です &n…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う 営業休業のお知らせ

平素は弊社サービスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 この度、新型コロナウイルスによる感染症につきまして、罹患された皆様に 心よりお見舞い申し上げます…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ