記事を検索する

サロンにポップを貼っているけど売上につながらない場合はこの5つをチェックしてみて

どうしても商品売りたいけど、なかなか言い出せない場合には、ポップやリーフレットをうまく使うのがおすすめです。

すでに店内にはいくつもポップやチラシ、ポスターは貼ってっているけど、イマイチ、反応がないのよという場合は、次の5つのポイントをチェックしてみてください。大抵の場合、この5つのどれかに当てはまりますので、気づいた箇所は、速攻変更してみると反響が変わりますよ。

 

1、見えにくい
*お客様の目線に入りにくい場所、もしくは文字が小さすぎて見えにくい、逆に文字だらけでみえにくい場合も。一度、お客様の目線にたってサロンの中を歩いたり座ったり、しゃがんだりしてみましょう。また、お客様の年齢によっては文字が見えにくい場合もあります。それからサロンの照明。暗めのサロンだとポップそのものが見えにくいので、ポップの箇所にキャンドルやライトを置いて、ピンポイントアピールするとより目立っていいですね。(私の場合、老眼の為、小さい字は見えん!50代以上のお客様が多いサロンは老眼にやさしいポップがあると嬉しい♪)

 

2、情報量が多すぎる
特に、商品やメニュー数が多い(3つ以上)ついつい、あれもこれもPRしたくなり、ポップ数も増えてしまいがち。そんなときは、今月のおすすめベスト3など、最高3つまで絞って、毎月のイベントのようにして「来月は何が おすすめ?楽しだわ~」と、お客様と一緒に楽しめるように企画してみるのもいいですね。お客様を巻き込めるチャンスです。

 

3、価格が書いていない
売りたいのに価格が書いてない場合は、売り物じゃないと思うお客様も。もし、今、価格を書いていないくて売れていない場合は思い切って価格表記してみましょう、また、価格を聞いてもらうのをきっかけに話をしたいのであれば、価格を書かなくてもOKです。興味あるお客様は「これいくら?」と聞いてきてくれますからね。

 

4、で?どうすれば?の次の行動が書かれていない
例えば、「パンレット差し上げてます」「サンプルあります、お声かけください」のように、これみたあと、どうすればいいか?が明確に書いてあるとお客様は行動しやすくなります。よくあるのは、ポップみたのはいいけど、で??どうすれは?となっている場合。これだと、そこで終わってしまいます。ちょっとした一歩を一言そえておくだけで、お客様の行動が変わります。

 

5、古い
今のポップは何時つくりましたか?もし、1か月以上たっていて、まったく反響がないのであれば、大至急変更しましょう!また、ポップやチラシに書いてある期日は過ぎていませんか?先月の日付がそのまま、有効期限がとっくに過ぎている、ポップがちょっと日焼けして色褪せている。そんなことでは良さは伝わりません!!速攻、書き換えて新しくしてみましょう。

いかがでしたでしょうか?気づいた事は、早速、行動!ちょっとしたことを変えるだけで、成果が大きく変わりますよ。お試しあれ!

 

★関連記事 音声でお届けしています★

不快にならないポップの書き方のルール  伸びフラvol.16

★もっと詳しい事は、こちらのメルマガでお伝えしています★

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ