記事を検索する

熱狂的ファンの見分け方 

熱狂的ファンとはどんな人なのか?
その見分け方は2つあります。 

 

【その1、勝手に紹介】

頼んでないけど勝手に紹介してくれたり、SNSにアップしてくれる。

 知らないところで、紹介してくれてたり、別のお客様や新規の お客様から「あなたのサロン、○○さんのブログで紹介されてたよ♪」
と言われて、紹介してくれてた事を初めて知る~みたいな。

 

 

【その2、通う理由】

「安い」「近い」「なんとなく」「不満がないから」 「効果が出るから」これらの理由で通っているお客様は「ファン」「大ファン」の人たちです。 

でも、熱狂的ファンが通う理由は「あなただから」通っている。 

 

だから、例え、株式会社さんが、サロンをやめて、 

明日から花屋になったとしても、熱狂的ファンは、花を買いに来てくれます。 

例えば、オカザキは、B’zの熱狂的ファンです♪ 

もし、B’zが今の活動をやめて、稲葉さんが明日から、
小説家になったとしたら。 絶対に、本を買いますね~~~~!!
書道家になったら、その書が100万でも 買います!! 
松本さんが、大阪で古本屋始めたら、新幹線にのって、古本を買いに行きます♪ 

 

熱狂的ファンってその人が好きだから、
つまるところ、やっている事、扱っているサービスは何でもいいんです!!

 

まあ、昨年の話題だとジュリーのコンサートドタキャン事件~。
あれね、ギャーギャー騒いでるのは、ジュリーのファンじゃない人たちで。

熱狂的ファンは、そんなことどーでもいいんです。
たとえ、ジュリーに昔の面影がなく太ってしまっても。
そんなのカンケーね~!!ってことです。

実際に、静岡でのコンサートは、満員だったようですしね^^

 

 

熱狂的ファンって本当にありがたいですよね!!

 

ファンも大ファンもまだまだ心変わりしますが、
熱狂的ファンは、なかなか心変わりしません。 

 

だから、熱狂的ファンがいるサロンは!!
売上も安定するし、新規集客も増えるんです★

 

 

さて、もう一度、質問します。

「あなたが、今のサロンをやめて、全然違う仕事を始めたとして。 ついてきてくれるお客様は誰ですか?」 

 

今、頭の中に浮かんでんきたお客様が、あなたの熱狂的ファンです。

 

もし、だれも思い浮かばなかったら・・・

今から、熱狂的ファン作りを始めましょう!

 

 

では、どうすればいいか?

 

それは、あなたがサロンをやっている理由を言葉にする事です。

 

「なぜ、あなたは、今のサロンをやっているのでしょうか?」

 

その理由を、書き出してみましょう!
この理由が、あなたの価値観(大切にしたい考え方)です。

 

熱狂的ファンの人たちは、ただ単に「きれいになりたい」とか「痩せたい」から

あなたのサロンに通っているのではなくて。

 

今、書き出したあなたの「価値観」に共感しているから通っています。

 

だから、熱狂的ファンを作りには★
その理由を、今のお客様に、そして、未来のお客様にどんどん伝えください。

 

熱狂的ファンは、あなたの「なぜ」に共感する人です。

 

★関連記事★

お客様が熱狂的ファンになる第一歩!

 

★無料メルマガでは、もっと詳しく熱狂的ファン作りのやり方方法、心の持ち方、考え方をお伝えしています★

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ