記事を検索する

土下座したこともあります

 

あなたは、【土下座】して誤ったこと、ありますか?

 

 

 

ちょっと話は変わりますが、先月から、絶不調だった私の相棒、PC。この1か月で4回も修理に来てもらったのですが

一向に回復せず(´・ω・`)ほんと、困る~~~~!!!

 

仕方ないので、先日、5回目の出張修理に来てもらいました。

毎度のことながら、修理に来てくれるエンジニアの方は、特別な教育を受け、さらに、PC修理の資格も取得してその道のスペシャリスト。

マナーも徹底的に教育されているようで今まで、4人の男性が来てくれましたがどの人も本当に丁寧で、

物腰も優しく、話し方も穏やかで、とても感じがいい~♪

 

 

これで、すぐ回復してれば文句なし!なのですが~

なにせ5回目ですからね(´・ω・`)私も、さすがにイライラ”(-“”-)”

ま、でも、このエンジニアにあたっても仕方ない!!!と思いつつ・・・

「さすがにこれだけ、直らないと私も困るんですよね・・・・仕事にも影響するので!
今日で最後にしてくださいね!!!」

と、ちょっときつめに言ったあとで、

 

 

「あ、でも、あなたに言っても仕方ないってわかってるんですが~さすがに~」と、即座に付け加えてみたりして(笑)

「いえ、本当にすみません。おっしゃることはごもっともです」

「でも、こんな風に攻められることないですか?毎日、出張修理に行っていると…」

「はい、よくあります。お客様のところで、いきなり土下座しろ!と言われて、土下座したこともありましたね」

「え!!!いきなり土下座ですか~~~~!!!!で、土下座したんですか???」

「はい、かなりお怒りだったもので。わたくしの仕事は、故障の修理なので。怒られることやクレーム受けることが多いんです」

「そんなに怒られて、いやになったりやめたくなったりしないんですか??」

「正直、いやになることはありますが・・・いくら怒られても、やっぱり楽しいんです。これ、自分の得意分野の仕事なので!」

 

 

 

【自分の得意分野】の仕事は、とてつもないエネルギーをもっているんですね^^

そして、【これは自分の得意分野】と、自覚している事が、大切なんだな~と思いました。

自分の仕事を【得意分野】と自負していることはお客様との信頼にもつながるんですね!!

私、そのエンジニアと会社として、PC関連の顧問契約したい!と思ってダメ元で、言ってみたけど丁寧にお断りされました(^-^;

お客様との信頼関係は、小さな約束をこつこつと積み上げていく事で築けると思います。

 

 

でも、そこには、自分を信じている気持ちがあることが大前提なんですね。

PCが壊れて1か月。修理回数、異例の5回。そこで、学んだ事は、【自分の得意分野】の仕事をしているという自負は信頼を引き寄せるということでした。

 

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

音声 サロンのお財布の増やし方

この音声は、毎週水曜にメルマガでお届けしています。 メルマガ限定の情報も満載!ブログや音声でも話さないこと、 特別なサービスのご案内もお届けしています。 ★無料…

続きをよむ

お客様から買いたいと言ってもらえる、エステサロンの化粧品販売3つのポイント

「お客様に商品を売るのが苦手なんです」 これ、個人サロンのオーナーさんに多い悩みのひとつです。 技術には自信があるけど口下手だから売れない。 「売る」ことに抵抗…

続きをよむ

個人エステサロンのチラシ成功事例、 失敗しないチラシ作り7つのステップ

個人サロンを経営するうえで誰でも一度は考えたことがあるのが「チラシ」の配布ですよね   だから、エステサロン専門コンサルタントの私のところにはよくこん…

続きをよむ

予約がすいすい取れるエステサロンオーナーがやっている3つのこと

エステサロン専門コンサルタントの岡崎美幸です。個人サロンのオーナーさん、毎月リピートしてもらいたけど、次回予約がなかなか取れなくて……といったお悩みはありせんか…

続きをよむ

ファン作りが上手い2ヶ月待ちネイリストが必ず守っていることとは?

お客様をファンにするにはあなたがお客様のファンになることです   これは、至極、当たり前のことで何でもそうですが、そうなりたいと思ったら「まず、自分か…

続きをよむ