記事を検索する

サロンの予約数が5倍になったのは

ターゲットを変える

これは、集客がうまくいかなくなった時の改善方法の1つ。

 

集客を上手くするために、
ターゲット設定を一人に絞りこむのは、だれもがきいた事がある方法ですよね。
(といっても一人に絞れてないサロンオーナーさんは、こちらの記事をご参考に!)

お客様が絞り込めない時は

 

 

ターゲット決めてやってみてるけど(6か月くらいはやって見てね)
なかなか思うように集客できない、全然反応がないな~ってオーナーさんは、
一度、ターゲット設定の見直しをしてみましょう!

 

例えば、世の中には、
ターゲットを変えて、爆発的に売れた商品があるのは
珍しい話じゃないんです。

 

例えば、私が、「あ、これ、ターゲット変えたな~さすが!」とおもったのは!

「電動歯ブラシ」

 

電動歯ブラシって、持ち歩くなんて考えてなかったし。
そもそも。ターゲットって男性なのかな~なんて
思っていたのですが。

 

ある日、テレビから流れるCMみててOLさんが、化粧ポーチから取り出したのは。
一見、リップかと思ったけど、

なんと、それが「電動歯ブラシ」

ポケットドルツ

 

あのCMみて、「あ、OLターゲットに変えたのね、これ、売れるわ!」と
思いましたね~。

 

案の定、パナソニックで09年には30万台だった電動歯ブラシの売り上げは、
ポケットドルツを発売した10年には157万台、翌11年には180万台を売り上げる大ヒットとなったそうです。
(ダイヤモンドIT&ビジネスより)

 

こんな風に、ターゲットを変えるだけで、
今まで全然、予約が入らなかったコースが人気になったり、
サロンでもうれなかった商品が売れるようになったり。

 

実際に、クライアントさんのサロンで。
1DAYコース 180分 35000円のコースが全然売れなかったのですが。

 

ターゲットを、「忙しくて休みがとれなくて旅行に行けない人」に
変えて、コースのネーミングも「○○の◇◇コース」にしたら。
(*サロンは非公開なのでメニュー名も公表できないのが残念です)

 

なんと、それまで、1かげ月多くても1~2件の予約だったのが。
月に10件前後、約5倍の予約になり、大人気メニューになりました。

 

更には、そのコースの回数券や、
大切な人にプレゼントできるチケットも
売れるようになり、サロンの象徴ともいえるメニューに成長。

 

コース内容も何も変えていないけど、
変えたのはターゲット設定だけ。

 

では、ターゲット設定を変えるにはどうしたらいいかというと。

だれが一人のお客様、もしくは自分自身を思って。
あったらいいなシーンをメージする。

 

・エステに行きたいけど怖くていけない人。
・フェイシャル後にすっぴんで帰りたいけど帰れない人
・人と話すのが苦手な人でも気軽に行けるエステサロン
・方向音痴でも、迷わず行けるサロン
・仕事終わってらいつも21:00.それからいけるサロンを探している人
・早朝(たとえば、出勤前にエステしたい人)

 

など、

こんなサロンがあったらいいな~をイメージして書き出してみる。

その中から、ターゲットを変えるヒントが見えてきますよ。

 

★無料メルマガ 熱狂的ファン作り経営のの心構え

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ