記事を検索する

サロン売上を上げるオーナーは、年収と年商、どちらを意識してるのか

サロン売上を表わす言葉に年商年収があります。

どちらを意識して仕事するかで、その成果は大きく変わります。

個人サロンで「年商」というと、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんので、今日は、「年商」と「年収」の違いを真面目に考えてみましょう。

 

世間では「7ケタ収入」「年収1000万」と、なにかとサロンオーナー個人の収入を煽るようなメッセージであふれていますよね。

そして、やっぱり自分の収入は多い方がいいと思うので、どうしても、数字の目標が「年商」ではなくて「年収」になってしまいます。

 

特に、個人サロンで一人オーナーで、こじんまりとサロン経営していると、なんとか食べていけてればいいかな~くらいのイメージになりがちなので、月の収入もサロンの

売上もごちゃまぜになっているケースが多いです。

 

中には、「売上=収入」と思っているオーナーさんも少なくありませんが、この考え方だと、いつまでたっても売上は上がらないので、もちろん、収入も増えません。

 

売上とは、お客様が支払ってくれた総額です。収入とは、総額の中からあなたに支払われる「給与」です。その他、総額からは、サロン運営するのに必要な経費も支払うことになります。

つまり、「売上≠収入」

 

だから、もし、あなたが「年収1000万」と考えた場合、目標とする売上は1000万ではなくて。「年収+経費+利益」=売上になりますので、少なくみつもっても、売上目標は1500万~2000万です。そして、これが「年商」です。

売上が上がるサロンオーナー、稼いでるサロンオーナーさんが共通して意識しているのは、「年収」ではなくて「年商」です。年商を意識すると、新しい気づきが生まれます。そうすると、発想が変わり、行動までも変化してきます。年商を目標とすると、視点が変わるので必然的にステージがワンランクアップします。

 

売上も収入も2倍、3倍にアップしたいときは、やり方方法を考える前に、自分の視点をワンランクアップする。

 

今まで「年収」を意識していたオーナーさんは「年商」を、それ以前に収入も、年収も、明確考えてなくて、とにかくあればいい!上がればいい!と思っていたオーナーさんは、この機会にご自身のサロンの年商を真剣に考えてみましょう。

視点が変わると、可能性が広がります!

 

★無料メルマガ★

お客様が熱狂的ファンになるサロンを作る

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

サロンのお財布の増やし方

この音声は、毎週水曜にメルマガでお届けしています。 メルマガ限定の情報も満載!ブログや音声でも話さないこと、 特別なサービスのご案内もお届けしています。 ★無料…

続きをよむ

お客様から買いたいと言ってもらえる、エステサロンの化粧品販売3つのポイント

「お客様に商品を売るのが苦手なんです」 これ、個人サロンのオーナーさんに多い悩みのひとつです。 技術には自信があるけど口下手だから売れない。 「売る」ことに抵抗…

続きをよむ

個人エステサロンのチラシ成功事例、 失敗しないチラシ作り7つのステップ

個人サロンを経営するうえで誰でも一度は考えたことがあるのが「チラシ」の配布ですよね   だから、エステサロン専門コンサルタントの私のところにはよくこん…

続きをよむ

予約がすいすい取れるエステサロンオーナーがやっている3つのこと

エステサロン専門コンサルタントの岡崎美幸です。個人サロンのオーナーさん、毎月リピートしてもらいたけど、次回予約がなかなか取れなくて……といったお悩みはありせんか…

続きをよむ

ファン作りが上手い2ヶ月待ちネイリストが必ず守っていることとは?

お客様をファンにするにはあなたがお客様のファンになることです   これは、至極、当たり前のことで何でもそうですが、そうなりたいと思ったら「まず、自分か…

続きをよむ