記事を検索する

サロン売上を上げるオーナーは、年収と年商、どちらを意識してるのか

サロン売上を表わす言葉に年商年収があります。

どちらを意識して仕事するかで、その成果は大きく変わります。

個人サロンで「年商」というと、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんので、今日は、「年商」と「年収」の違いを真面目に考えてみましょう。

 

世間では「7ケタ収入」「年収1000万」と、なにかとサロンオーナー個人の収入を煽るようなメッセージであふれていますよね。

そして、やっぱり自分の収入は多い方がいいと思うので、どうしても、数字の目標が「年商」ではなくて「年収」になってしまいます。

 

特に、個人サロンで一人オーナーで、こじんまりとサロン経営していると、なんとか食べていけてればいいかな~くらいのイメージになりがちなので、月の収入もサロンの

売上もごちゃまぜになっているケースが多いです。

 

中には、「売上=収入」と思っているオーナーさんも少なくありませんが、この考え方だと、いつまでたっても売上は上がらないので、もちろん、収入も増えません。

 

売上とは、お客様が支払ってくれた総額です。収入とは、総額の中からあなたに支払われる「給与」です。その他、総額からは、サロン運営するのに必要な経費も支払うことになります。

つまり、「売上≠収入」

 

だから、もし、あなたが「年収1000万」と考えた場合、目標とする売上は1000万ではなくて。「年収+経費+利益」=売上になりますので、少なくみつもっても、売上目標は1500万~2000万です。そして、これが「年商」です。

売上が上がるサロンオーナー、稼いでるサロンオーナーさんが共通して意識しているのは、「年収」ではなくて「年商」です。年商を意識すると、新しい気づきが生まれます。そうすると、発想が変わり、行動までも変化してきます。年商を目標とすると、視点が変わるので必然的にステージがワンランクアップします。

 

売上も収入も2倍、3倍にアップしたいときは、やり方方法を考える前に、自分の視点をワンランクアップする。

 

今まで「年収」を意識していたオーナーさんは「年商」を、それ以前に収入も、年収も、明確考えてなくて、とにかくあればいい!上がればいい!と思っていたオーナーさんは、この機会にご自身のサロンの年商を真剣に考えてみましょう。

視点が変わると、可能性が広がります!

 

★無料メルマガ★

お客様が熱狂的ファンになるサロンを作る

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

キレイになることに喜んでお金を払うお客様を見つけるには

「お金がないって言う人は私のお客様じゃない」 あなたはこのセリフ、きっぱり言えますか? クライアントのAさんは、きっぱり言っています(笑)もちろん、直接お客様に…

続きをよむ

音声 サロンのお財布の増やし方

この音声は、毎週水曜にメルマガでお届けしています。 メルマガ限定の情報も満載!ブログや音声でも話さないこと、 特別なサービスのご案内もお届けしています。 ★無料…

続きをよむ

あなたの生年月日から導くペルソナ診断 サロン売上を上げる

どんなビジネスでもうまくいくために必要なことはお客様の絞込み、つまり【ペルソナ設定】です     ペルソナとは、直訳すると「人格」です &n…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う 営業休業のお知らせ

平素は弊社サービスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 この度、新型コロナウイルスによる感染症につきまして、罹患された皆様に 心よりお見舞い申し上げます…

続きをよむ