記事を検索する

そのネイルサロンを選ぶ3つのポイント

6か月で大人気サロンを作るサロンコンサルタント岡崎です^^

 

ある日、無性に!!!

ネイルサロンに行きたくなったのですが、その時は、いつもお願いしているネイリストさんが産休中だったため、私はネイルを半年くらいお休みしていたんです。でも、どうしても・・・行きたくなってしまいネイルサロンを探す事に。
その時に、どうやってお店を探したかというと~

頭に浮かんだのが、超メジャーなクーポンサイト【●ッ●ペッ●ー】

早速、最寄り駅、地域名のキーワードを入れてネットで検索(^_-)-★

1397559804015

すると、うちの近所にあるネイルサロンが数十店、ヒットしたのですが、どこも似たり寄ったりなので、決め手がなくて探すのが一苦労(^-^;

 

その中から、1つのサロンを選ぶのって本当に大変ですよね~

 

新規のお客様はネットで検索するときっとこんな風に、【どこも同じような感じだな~】と思いながら探しているんでしょうね(^-^;気がついたら、30分くらいは探してましたね。

 

と改めて、ネット検索でお店に来てくださるの苦労を実感。もっと選びやすく、わかりやすくしてあげたいな~と思います。

 

そして、いい機会なので、自分はどんなところを気にして探すのか、客観的に観察してみようと思って(^^)/

 

で、わかったのが私はどうやら次の3つの条件を満たすサロンを探していたみたいです。

 

1つは、価格!

やっぱりこれ大事ですね~。

ネイルサロンの相場は、7,000円前後ですが初めていくので、できれば5,000円以内に抑えたいな~と思って。どうやら私の中では、5,000円以内は失敗してもOKっていうラインみたいです。

 

2つ目は、デザイン

そのネイルサロンのイメージと自分のイメージがあうかは大切です。ネイルデザインの写真を見まくりました。なので、やはり【ネイルサロン】さんは、ネイルデザイン画像のクオリティは必須ですね。

 

3つ目は、サロンの雰囲気

自分の年齢にあったサロンかどうかとあまり人が多いサロンは嫌だなあ~と思って。静かにゆっくりした空間でネイルしてほしいな~と。

なので、最後の決め手となったのは「キャッチコピー」。

 

そして私が選んだネイルサロンのキャッチは「大人女性にピッタリな上品似合わせネイルでリピーター続出のプライベートサロン♪」

と、取り立てて普通のキャッチでしたが、私が望んでいる事がすべて入っているキャッチだったので、これが決め手になりました!

 

キャッチコピーって大切ですね。

簡単でわかりやすい言葉だけど、お客様の望みが叶う言葉が入っていると決め手になりますね~。

【お客様は何を望んでいるのか?】

これは、わかっているようでわかっていない、わかるようでわからない・・・そんなジレンマを感じるテーマですが、だからこそ、いつもお客様の様子を観察したり、自分がいつもお客様の視点を忘れないようにするために、自分自身がお客様としてサロンに足を運んだりして【消費者】の自覚をもっておくのも大切ですよね。

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ