記事を検索する

サロンオーナーとして経営者の自覚がなくてもやっていけるの?

~熱狂は人生をハッピーにする~

自分のやりたい事で起業して、どこにも雇われずに、仕事している人たちを、世間では「経営者」と言いますが、あなたは本当に自分のことを「経営者」と思っていますか?

そして、「経営者」になりたいと思っていますか?

 

先日、ふと、そんな風に思いました。

 

というのは、今年に入ってから、東京・奈良の2か所で。現在、サロン経営されているサロンオーナーさんと一緒に。

「女性経営塾」をスタートしまして。

そのテキストを作成しているときに、「経営者」という言葉にちょっとした違和感を感じました。

 

これは、もう、人それぞれに思っている言葉のイメージの問題ですが、私が思うに「経営者」という響きは、とても重くて固い感じがします。

もし、言葉に性別があるとしたら、「経営者」は「男性的」な響きに聞こえます。

 

 

だから、ちょっと違和感!

 

 

たとえ、それが、1人社長としても、何千、何万人と社員さんがいる会社を経営されている方も、どこにも雇われずに仕事をしているので、経営者と言えば、経営者です。

 

だから、カテゴリー的には間違っていないのですが。

 

私の場合は、「サロンコンサルタント」の意識が強くて、ふとしたとき、例えば、税理士さんから決算書の説明を受けているときや、売上利益計画書を作成する、法人税や諸々税金の支払いの時に、「あ、私、社長だった」と思います。だから、ここでも「経営者」とは思わないんですね。

 

こんな「経営者」としての意識が薄いからといって、何が不自由な事がおきるかというと・・・

 

特に、そんなことはなくて。

 

おかげさまで、2007年に起業して、現在に至ります。

 

経営塾で、経営とはなんぞやをお伝えしながら、果たして、こんな感じでいいのか???と疑問に思ったのですが、いいんです!

 

なぜかというと、実際に、経営が回っているので。

 

私にとって、「経営」とは、「お金を生み出して回す事」ですから。

 

つまり、経営とは、サロンのお客様を熱狂的ファンに育てる「サロンコンサルタント」として、役に立つための手段だったってことです。

 

なぜ、お金を回したいかというと!

自由で楽しい人生を送りたい。

 

そして、もっと自分の人生に熱狂したいです★

 

★無料メルマガ お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方★

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ