記事を検索する

サロン売上が先か?熱狂的ファン作りが先か?

~熱狂は人生をハッピーにする~

サロンの売上が先か?熱狂的ファン作りが先か?

 

 

 

そりゃ、売上が先に決まってますよね。

 

そもそも、売上が上がらなかったら、サロンが継続できませんしね。

 

また、売上が上がってなかったら、サロンオーナーであるあなたの収入も寂しいことになるので、エネルギーが落ちますよね。

 

そんなエネルギーが落ちてる(情熱温度が下がっている)と、お客様に熱を伝えられませんからね。

 

熱狂的ファン作りは無理!!

 

じゃあ、「やっぱり売上が先

 

 

と思いきや!!

 

 

実は、違います!

 

 

熱狂的ファン作りが先。

 

 

ですが、こんなサロンは例外です。

 

来月、どうしても、売上あげないと支払いができない!!もう、やばい!

そんな超緊急でギリギリのサロンの場合は、小手先だろうがなんだろうが、そんなこと言ってる場合じゃないですからね。

 

必死になって集客、売上アップした方がいいです。

 

その場合はこちらの記事をご参考ください。

 

 

桁違いの売上を上げるには

 

で、話を戻しますね。

 

超緊急でギリギリヤバいサロンじゃないのであれば。やはり、熱狂的ファン作りが先。それは熱狂的ファン作りを頑張っていれば、自然に売上は上がるからです。

 

なぜかというとね。

 

熱狂的ファンとは、あなたのサロンを一緒に盛り上げてくれる仲間です。実は、仲間になるまでに、そのお客様は、いくつかの商品、サービスを購入されます。

つまり、熱狂的ファンになる為に、お客様は一生懸命、喜んで、あなたのサロンに相当なお金を落としてくれています。

 

だから、熱狂的ファンを作る過程において、売上が上がるのは当然のことです。

 

「なんだ、結局、売上じゃん」という事が聞こえてきそうですが。その通り、売上です。

 

でも違うのは、その売上の出方と、売上を上げる目的です。

 

目の前のことに必死で、手当たり次第、とにかく100万上げたいからと必死に出している売上と。近い未来、「私も熱狂的ファンを作って、お客様と一緒に〇〇したいわ!」と思って、売上をあげるのと。

 

あなたは、どちらの売上の出し方に情熱を注げますか?そして、お客様はどちらのサロンに喜んでお金を落としてくださると思いますか?

 

最初にお伝えしたように、熱狂的ファン作りにはあなたの情熱が必要です。あなたが喜んで情熱を注いだ成果が売上です。

 

熱狂的ファン作りを取り入れると、あなたもお客様も、そして、その周りの人たちも。みんなが喜ぶ売上が上がります。

 

最後に、もう一度、質問です。

 

サロンの売上が先か?熱狂的ファン作りが先か?

 

さて、あなたの答えはいかに?

 

==熱狂は人生をハッピーにする== 熱狂サロンコンサルタント岡崎美幸

★無料メルマガ 「お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方」★

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

 

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

商品が売れるようになる2つの質問

「個人サロンオーナーさん」の5年後を考えています。 5年後、今と同じよう動けるのか? 5年後、今と同じ体力じゃないよね・・ 5年後、時代はガラッと変わっているよ…

続きをよむ

一瞬で人生を変えることができる?!

「岡崎さん、人生を変えるのって本当は一瞬でできるんですよ」 2019年の終わりに。そんな話を聞きました。     それって、ちょっと気になる…

続きをよむ

真面目でコツコツがんばってるのにうまくいかない理由

「あなたは真面目すぎるのよ、だからうまく行かないのよ」 ある日、知人からこんな衝撃の一言を聞かされたときは、 今までの人生をすべて否定されたような気がして(←大…

続きをよむ

会社案内

「熱狂は人生をハッピーにする」 ありきたりのサロンじゃつまらない!! あなたらしさに自信をもって、情熱的に取り組む。 人は、情熱的で一生懸命な人に熱狂する。 &…

続きをよむ

私がサロンコンサルタントになった理由

今でこそ、プチ整形はおしゃれの一部・エステティックサロンに通っていても、さほど驚かない時代。でも、私が21歳(1986年)の頃は、エステティックサロンはモデル・…

続きをよむ